新昭和新昭和の環境方針

新昭和の環境方針

地球温暖化など深刻な環境問題を解決に導くため、政府や企業では、40年後を見据えた「2050年ビジョン」を指針に、様々な取り組みが活発に行われています。このような中、環境に配慮した木の家を提唱する、私たち新昭和では、創業40周年の節目である2010年を「エコ元年」と定め、太陽光発電の普及事業に本格的に参画いたしました。太陽光発電システムの普及・推進をはじめ、省エネルギー設備・仕様のご提案や啓蒙活動を展開。お客様への感謝と環境に対する思いを胸に、未来へ向けたエコロジー事業に新たな決意で取り組む所存です。

時代と共に歩んできた40年を基盤に、次代を担う住まいづくりへ。地域に根ざした様々な活動を通じて、未来の低炭素社会の実現に貢献してまいります。

環境方針

  1. 事業活動において環境に与える影響を的確にとらえ、可能な限りの対策を実施することにより汚染の予防を図る。
  2. 事業活動に関する環境関連法規・規制・協定・自主基準の要求事項を明確にし、これを遵守する。
  3. 環境保全活動を展開するにあたり、以下の項目について重点的に取り組む。
    1. 環境に配慮した住宅の提案を積極的に行う
    2. 環境に配慮した住宅資材の活用を図る
    3. 住宅の新築施工時または解体工事時に、お客様及び地域住民の環境に与える騒音・汚染の発生を抑制
    4. 建設副産物の適正処理と、廃棄物削減及びリサイクルの向上、省資源を目指す施工改善への取り組み
    5. 当社のオフィス業務全般において、省資源及び省エネルギー及びリサイクルを推進する
  4. 社内環境教育・広報活動を通して、全従業員の環境方針の理解と環境に関する意識を図ると共に、協力業者に環境方針を周知させ理解と協力を要請する。

私たちの取り組みが評価されました

省エネルギーによる環境負荷削減の推進と、快適な住まいの実現に貢献することを目指した表彰制度の《ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015》において、注文住宅ブランド・ウィザースホームの『ZERO ENERGY 2×6』が特別優秀賞を、全国に展開する住宅フランチャイズブランド・クレバリーホームの『SMART-EVERY(スマートエブリ) V』 『SMART-EVERY(スマートエブリ) CX』が優秀賞を受賞し、ダブル受賞となりました。

太陽光発電(メガソーラー)への参入

東日本大震災の被災地でもある千葉県の企業として、また、環境配慮型の住宅を推進するハウスメーカーとして、直面するエネルギー問題や深刻な環境問題を受けとめ、辿り着いた一つの答えが、これまで太陽光発電住宅で培ってきた経験を活かすことができる「大規模太陽光(メガソーラー)発電事業」への参入でした。

太陽光発電(メガソーラー)事業参入の経緯