理想の住まいづくりを叶える 新昭和ハウジングスクエア(「住宅館LABO」&「ハウジングパーク」)

子供部屋

小学校高学年以上になれば個室を与え独立心を育てる時期になります。
子供部屋は、両親の寝室に隣接させるなど孤立させない工夫が大切です。
また、ますます増えていく持ち物に対応できる収納もしっかりと計画しておきましょう。

個室スタイル

Private Room Style

片付く収納の家

オリジナルシステム収納で
スッキリ広々使える子供部屋。
その他にもこのモデルハウスで収納アイデアが確認できます!
シェア
WIC
暮らしを楽しむ家
家族やゲストと時間、モノ、趣味を自然に共有するアイデアにあふれた住まいです。2つの子供部屋から出入りできる「シェアウォークインクローゼット」は、ショップのような雰囲気で衣類を管理することができる楽しい提案です。
暮らしを楽しむ家
ロフト
ゼロ・エネルギーハウス
太陽光で発電したり蓄えた電気をHEMSで“見える化”しながら無駄なく使う。そんなエネルギーの自給自足を実現する住まいです。子供部屋にはお子様の成長を見据えた大容量の収納力を発揮する、ウォークインクローゼットとロフトを併設しています。
ゼロ・エネルギーハウス
可変
収納
二世帯住宅(2階子世帯)
家族やゲストと時間、モノ、趣味を自然に共有するアイデアにあふれた住まいです。お子様の成長を見据え独立性を高めた子供部屋のクローゼットは、将来使い方が変わることを想定してハンガーパイプや棚の位置が自由に変えられる“可変収納”を採用しています。
二世帯住宅(2階子世帯)

2ドア1ルームスタイル

Two Doors-One Room Style

邸宅グレードの家

子供が二人以上なら成長に応じて
2部屋に間仕切れる工夫。
新昭和ハウジングスクエアに関するお問い合わせは0439-54-7718
新昭和ハウジングスクエアに関するお問い合わせは
0439-54-7718 TEL
PAGE TOP