先輩たちの仕事

星野 孝幸

お客様の笑顔を見た瞬間に
どんな苦労も忘れられる。
チームと現場をひとつにまとめて
達成するのが醍醐味です。

株式会社新昭和ウィザース東関東 
住宅技術本部 注文工事部 千葉工事課
2017年入社
星野 孝幸 施工管理
星野 孝幸

就職先を新昭和グループに決めた
理由を教えてください。

引っ越しのアルバイトをしていた際にマンションに伺うことがあって、その時に新昭和という会社を耳にしました。その後、就職活動で合同企業説明会に行った時、印象に残っていた新昭和がブースを出していて目に付いたことが入社のきっかけです。私はもともと戸建ての施工管理志望でした。新昭和をwebで調べた時、戸建てをメインでやっていると知り新昭和に決めました。小さい頃から千葉県に住んでいて地元還元がしたかったというのもあります。また、幼少期を仙台で過ごしたのですが、新昭和は仙台の方でも事業を展開しているので、故郷への恩返しができる機会があるかもしれないという思いもありました。

星野 孝幸

今の仕事内容を教えてください。

住宅の施工管理が担当する仕事は大きく分けて「現場の安全管理」「原価の管理」「お客様の対応・顧客管理」「工程の管理」「品質の管理」の5つがあります。最初の頃は先輩監督について一緒に現場をまわり、その中で気になることを質問していました。現場でしなければならない仕事もありますのでそういう事を一緒にやっていき、その後、任される仕事が少しずつ増えていきました。今では、自分が任されて担当している現場が10件程度あります。

星野 孝幸

今の仕事をする上で大切なこと、
意識していることを教えてください。

お客様に工事の状況を随時報告して安心してもらうことを心掛けています。悪天候が原因で工程がずれることもあり、遅れた分を急いでやれば「品質」が失われるので、複数の工程を同時に進められるよう職人さんをうまく手配する機転も大切です。担当する現場が増えてくると、すべてを均等に見てまわることが難しくなります。そんな状況の時には現場の職人さんに写真を送ってもらって、このくらい進んでいるよ、という報告をお願いします。お施主様から「大工さんが本当に丁寧に仕事をしてくれて安心です」と言われた時に、その職人さんにお願いして良かったと思います。また、お客様が途中で何かを変えたいとおっしゃることもあります。基本的に工事がはじまれば私に確認してきますので、担当するハウジングアドバイザー、設計との摺り合わせも心掛けなければなりません。

星野 孝幸

仕事に取り組んでいく中で
「何かをつかんだ!」(Let's Take)と
感じたときのエピソードを教えてください。

1棟を引き渡してお施主様が喜んでくれている姿を見ると、やはりすごくやり甲斐を感じます。ここからお施主様ご家族の新しい暮らしがはじまると感じた瞬間、苦労もすべて忘れてしまいますね。自分自身で引き渡しをすると達成感が違います。それが、標準仕様にない特殊な家のお引渡しならなおさらです。いままで11棟をお引き渡ししましたが、達成感はこの仕事ならではだと思います。

星野 孝幸

今後に向けて高めていきたいスキルや
挑戦したい夢などを教えてください。

自分自身で納得できる監督になること。一番は工程をしっかり業者さんや職人さんに遵守させることです。そうすることで無駄や合間のない工程をつくっていって、この人が終わったらすぐこの人を配置するという状況をつくっていきたい。また、職人さんから「これってどうやってやるの?」と聞かれて、すぐにアイデアが提供できるようになること。図面で記されているものの、現場で収まらないよ、ということもありますので。今は現場の職人さんに助けられていることが多いので、現場で聞かれたことは持ち帰らずに現場で答える!というのが目標です。5年、10年と経験を積まないとなかなかとできることではありませんが、少しでも早くそうなりたいと頑張っています。

星野 孝幸

「新昭和グループ」入社を目指す学生に、
先輩社員からのアドバイスをお願いします。

担当する現場は最初自分より年上で経験のある先輩ばかり。でも、分からないことは聞けば丁寧に教えてくれるのが新昭和の社風です。自分に与えられた仕事は、はじめから最後まで責任をもってやり遂げる、完成させることに全身全霊を注ぐ。そのことにやり甲斐をもてる人に向いていると思います。