先輩たちの仕事

池田 圭佑

大きな建物にたくさんの
職人さんが働く現場、

管理が大変なだけ
達成感も大きい仕事です。

株式会社新昭和 
特建事業本部 特建技術部 特建工事課
2016年入社
池田 圭佑 施工管理
池田 圭佑

就職先を新昭和グループに決めた
理由を教えてください。

新昭和を選んだ一番の理由は、就職活動の時に見学させていただいた現場でした。案内された現場の雰囲気がとても明るく、先輩社員、職人さんたちが楽しそうに働いていると感じたのです。そこで、自分も新昭和の現場で働きたいと決めました。

池田 圭佑

今の仕事内容を教えてください。

今の主な仕事は、検査の時に必要な工事現場の記録写真を撮影することです。忙しさに追われて、なかなか思うように撮影のタイミングを合わせることができず、気が付いた時には作業が終わっていた、という失敗も正直ありました。でも、工事の記録写真を撮影することによって現場の工事の流れが分かるようになります。

池田 圭佑

今の仕事をする上で大切なこと、
意識していることを教えてください。

現場に出て1週間くらいは道具や資材の名前も職人さんの仕事内容も分からず、上司の後ろについて現場をまわりながら質問を繰り返していました。はじめのうちは職人さんと一緒に作業を体験してみることが大切です。現場で必要なことは「経験」と「知識」と「段取り」。コミュニケーションスキルも大切だと思います。自分の親より年上の職人さんたちを相手に仕事をするので、休憩の時の雑談も含め積極的にコミュニケーションをとることで、お互い気持ちよく仕事に取り組める関係づくりを意識しています。

池田 圭佑

仕事に取り組んでいく中で
「何かをつかんだ!」(Let's Take)と
感じたときのエピソードを教えてください。

日々の業務の中でお客様や職人さんからさすが○○所長、○○所長がそう言うなら、といった声を聞きます。それは先輩所長のこれまでの密なコミュニケーションと信頼関係の積み重ねだと思います。自分も、そういった先輩方のように職人さんから信頼される所長になることを目標にしています。

池田 圭佑

今後に向けて高めていきたいスキルや
挑戦したい夢などを教えてください。

今は現場で起こってしまったことを上司に報告して指示を聞くだけというのが現状。でも、それでは上司にも職人さんにも迷惑をかけてしまいます。これからは、事後処理に追われて現場を走りまわるのではなく、監督として問題点を予測することで作業効率と工期管理の向上を目指したいと思っています。

池田 圭佑

「新昭和グループ」入社を目指す学生に、
先輩社員からのアドバイスをお願いします。

どんな仕事でも楽しいことばかりではありません。けれども、建物が出来上がった時の達成感や喜びは想像以上です。ものづくりが好きな方、向上心のある方、切磋琢磨し合える方が入社すれば自分にも刺激がもらえると考えています。工事現場では、経験の浅いうちから様々な仕事を任されます。ためらわずに経験を繰り返すことで、人間力を高めていける会社です。