先輩たちの仕事

森田 雅俊

お客様の夢を
一つでも多く叶えたい。

そのための努力こそが
自分の仕事。

株式会社新昭和ウィザース東関東 
住宅事業本部 南総エリア 君津営業所
2013年入社
森田 雅俊 ハウジングアドバイザー
森田 雅俊

就職先を新昭和グループに決めた
理由を教えてください。

地元は千葉県の富津市で、父が不動産関係の仕事をしています。小さいころから現場について行くことが多く、何もない土地に基礎ができ、骨格が立ち上がり、家が完成するプロセスを見るうちに、自然と家づくりに興味を持つようになっていきました。そんな環境の中で育ち、自分も家づくりの仕事に就いてみたいと考えるようになったのです。就職活動をする上では地元地域と、そこに暮らす人たちに貢献したいと思っていましたので、新昭和に入社して頑張ってみようと決めました。

森田 雅俊

今の仕事内容を教えてください。

晴れて新昭和に入社し、ハウジングアドバイザーに配属が決まり現在に至っています。もともと人見知りの方なので、入社当時は設計職に興味がありましたが、現在ではお客様の夢をカタチにしていく営業の仕事に大きなやり甲斐を感じています。勤務先は千葉県君津市にある「新昭和ハウジングスクエア」になりますが、仕事は来場されたお客様の応対、プランと見積の作成、建設地の調査などを行っています。ここにはモデルハウスが勢揃いしていますし、住まいの構造や設備などが見学できる体験型のショールームもあり、お客様をご案内する営業としてはとても恵まれた環境です。

森田 雅俊

今の仕事をする上で大切なこと、
意識していることを教えてください。

私たちからすれば何百棟のうちの1棟かもしれませんが、お客様にとっては一生のうちの1棟なので、自分が家を建てるんだという気持ちを持って仕事をしています。お客様が用意された予算の範囲内で少しでも多くの夢を叶えて差し上げること。そのために、ご提案できるアイデアの引き出しをたくさん用意するよう努力し、チームを組む設計と施工管理にはお客様の情報をできる限り提供して、ご契約後の工程がスムーズに進むように心掛けています。また、日頃の行いとしては、歩いている時、立っている時など、常にお客様から見られていると意識するようにしています。

森田 雅俊

仕事に取り組んでいく中で
「何かをつかんだ!」(Let's Take)と
感じたときのエピソードを教えてください。

自分の中でのやり甲斐は、契約を取れた時かもしれません。お客様と出会ってから約1年間、細かいご要望にお応えしながら契約図面まで仕上げていくので、苦労も喜びも大きくなります。もちろん、その先にあるのがお引き渡しなので、その時にまたやり甲斐を感じます。最近人気の黒板塗料など、内装の仕上げ工程の中でお客様家族ご自身で塗られるケースもあるのですが、そんな時は進んでお手伝いすることも。「森田さんに頼んで良かった」と言ってもらえた時は素直に嬉しく思いますね。

森田 雅俊

今後に向けて高めていきたいスキルや
挑戦したい夢などを教えてください。

まずは、宅地建物取引士の資格を取得すること。業績だけでなく、常にお客様満足を考え応対することを心掛け、お客様の方からご紹介をいただけるハウジングアドバイザーになることです。

森田 雅俊

「新昭和グループ」入社を目指す学生に、
先輩社員からのアドバイスをお願いします。

お客様との繋がりを長く持ちたい方。常に向上心があり素直な心を持って仕事に取り組める方は向いていると思います。大変なこともありますが、必ずカタチになって帰ってきますのであきらめないでください。ハウジングアドバイザーは、自分自身の「人間力」の向上やすべてにおいて役立つ能力が付く仕事です。お客様の人生のターニングポイントに自分がお手伝いできるという仕事は他にはありません。車のように替えが効くわけではないので、お客様と一緒に造り上げる喜びを共有できる仕事です。