お知らせ

2020年05月20日
和蔵酒造株式会社

4月より新昭和グループとしてスタートした「和蔵酒造株式会社」 深刻な消毒用エタノール不足を受け高濃度アルコール製品「WAKURA66」を製造・販売開始

 千葉県富津市竹岡1番地に本社を置き、富津市の「竹岡蔵」と君津市の「貞元蔵」の2つの酒蔵で日本酒と本格焼酎・リキュールを製造・販売する「和蔵酒造株式会社(代表取締役:鈴木政紀)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により医療現場での消毒液不足が叫ばれる中、「貞元蔵」において、アルコール濃度77%の「WAKURA77(300ml)」を約500本製造。5月6日より君津市・木更津市の医療機関を中心に販売を開始したところ、予想以上の反響をいただき完売する状況に至っております。

 このような、消毒用エタノールが大変不足している状況を鑑み、焼酎を再蒸留させてアルコール濃度を高めて香料を加え、手指消毒などに使用いただける「WAKURA66」を1000リットル製造し、5月18日より医療機関や福祉施設へ優先的に販売を開始する運びとなりました。また、在庫状況に応じて一般家庭や事業所向けとしても販売を開始します。
 また、「公共施設などでご使用いただき、地域のコロナウイルスの感染防止に少しでもお役に立てれば」との気持ちで、5月15日に「貞元蔵」のある君津市に、5月19日に「竹岡蔵」のある富津市に、それぞれ200本(300ml)を寄贈いたしております。

■和蔵酒造について

千葉は房総富津・竹岡の地で明治七年より清酒「聖泉」を醸してきた池田酒造。房総君津・貞元の地で明治30年より清酒「鹿野山」を醸してきた原本家。和蔵酒造株式会社は、旧来の杜氏制度による酒造りから地元社員による酒造りへの転換を図るとともに、経営資源の有機的活用を目指し、両蔵の事業を統合して誕生しました。富津市の「竹岡蔵」と君津市の「貞元蔵」の両蔵にて、日本酒と本格焼酎・リキュールの製造を手掛けております。
創業50周年を迎えた「株式会社 新昭和」と本年4月に資本提携を図り、新昭和グループとして新たな事業展開を推進してまいります。

【2020年4月、新昭和グループはおかげさまで創業50周年】

株式会社新昭和は、2020年4月に創業50周年を迎えました。
新昭和は、ツーバイフォー工法が日本で認可された翌年にいち早く販売をスタートし、高い専門性と技術革新力で、確かな住まいづくりに携わってきました。2017年のホールディングス化以降、住まいだけでなく、教育、リゾート、ウェルネス、アグリなど、様々な分野に進出することで、みなさまのいちばん近くに寄り添いながら、より豊かで充実した暮らしをお届けできるようになりました。私たちは、これからも、一人ひとりが輝く明日を、みなさまと共に創造してまいります。


「WAKURA66」に関するお問い合わせ先は

和蔵酒造株式会社「酒菜館」まで
〒299-1131 千葉県君津市下湯江240番地
TEL.0439-52-0461 FAX.0439-54-8581
E-mail syusaikan@wakura-sake.jp


以上